トップメディカルフィットネスって?予防医学に基づく運動術 > SHIN-SHIN健康大辞典

SHIN-SHIN健康大辞典

予防医学に関する用語を解説します!

体成分分析器


SHIN-SHINに設置している体成分分析器が新しくなったのは、ご存知でしょうか?
以前は、ZEUSというもの使用しておりましたが、現在はioi353sというものになりました。
より精密になり、信頼できるデータが取れます。
では、いつ測定すれば正しいデータが取れるのかを紹介します。



続きを読む

「つけない」「増やさない」「やっつける」の3原則で食中毒を予防しよう!

 

じめじめ、むしむし...気温も湿度も高くなる梅雨の季節がこれからやってきますが、この時期を待ちに待っているのが、高温・多湿が大好きな細菌たち。

夏場(6月?8月)に多く発生する代表的な食中毒の細菌は、腸管出血性大腸菌(O157O111など)やカンピロバクター、サルモネラ菌などです。

一方、代表的なウイルスであるノロウイルスは、毎年多く冬に発生しています。食中毒患者数でいえば実は冬の方が多く、冬のウイルス性食中毒は感染力が強くて広まりやすいためです。

このように食中毒は毎年、年間を通じて発生しているわけですが、症状でいえば夏の細菌性食中毒の方が重症化しやすく、死に至るケースもあるため、これからの季節は特に食中毒への注意が必要です。

 

そして、食中毒は飲食店だけでなく、一般家庭でも発生しています。肉や魚などの食材、調理器具、いろいろな物に触れる自分の手にも、細菌やウイルスが付着しているものと考えましょう。

家庭での食中毒予防は、食品を購入してから、調理して、食べるまでの過程で、どのように、細菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」を実践していくかにあります。

以下に具体的な方法を紹介していきます。

 

 

 

続きを読む

発酵食品の健康パワーで美味しくキレイに♪

実は日本は発酵食品大国なのをご存知ですか?

和食に欠かせない醤油や味噌、みりんや酢など、全て発酵食品です。納豆やかつお節、漬物も仲間なんですよ。その他にもヨーグルトやチーズといった食品も代表的です。海外でもサラミやピクルス、テンペといった発酵食品が食べられています。

最近では、京都の伝統的な漬物である「すぐき」が、植物性乳酸菌(ラブレ菌)が豊富で免疫力向上の働きがあると海外でも注目されています。

 

 

まだ記憶に新しいと思いますが、少し前にブームになった発酵食品の塩麹。美味しさや柔らかさがアップするのはもちろん、その健康面でも注目されました。

そもそも発酵とは微生物の働きで身体に良い影響をもたらす事をいい、3つの微生物が関わっています。

細菌・・・乳酸菌、納豆菌、酢酸菌

カビ・・・白カビ、黒カビ、コウジカビ

酵母・・・アルコール発酵

続きを読む

ゴーヤ:京都九条病院 糖尿病内科  江端一彦

2月末に2泊3日で沖縄に行ってきました。 さすがに南国ですね。飛行機を降りると、やや蒸し暑いくらいで半袖がちょうどいいくらいの気候でした。 おなじみの沖縄料理、...ソーキそば、アグー豚、ゴーヤチャンプルーがすばらしく美味しく、特にゴーヤは今までほんとに苦手でしたが、今後ちょっとはまってしまいそうになりました。 

そこでゴーヤについて少し...。 ゴーヤには加熱に強いビタミンCが大量に含まれており、抗酸化作用を有しますが、独特の苦味成分「モモルデシン」は胃腸の粘膜を保護したり食欲を増進する効果があるそうです。 また、神経に働きかけて、気持ちをシャキッとさせる効果もあると言 われています。 

続きを読む

水泳辞典 -part7-

お久しぶりです!

遂に7回目、水泳辞典のお時間がやってまいりました!!

今回も引き続き大善がお送りします。

 

さて、前回までのおさらいです。

Part6まではボビング、浮き、キック、手の掻き等を説明してきましたね( ´ ▽ ` )

今回は上半身のその続き、掻きの部分の少し細かい部分をお話していきましょう♪

続きを読む