トップメディカルフィットネスって?予防医学に基づく運動術 > SHIN-SHIN健康大辞典

SHIN-SHIN健康大辞典

予防医学に関する用語を解説します!

秋の夜長 お肌も寝ながらケアしませんか!

秋ですね。

涼しく過ごしやすい季節です。

ですが肌トラブルの多い季節でもあるのはご存知でしょうか?

 

夏の紫外線によるダメージが残っている中、

空気が乾燥し、さらに発汗量も低下するので、

肌は慢性的に乾燥状態です。

この状態が続くと、当然肌のバリア機能も低下してきます。

このため、小じわが増えたり吹き出物ができたりと肌トラブルが発生します。

 

そんな時、ぜひお勧めしたい商品がこちらです。

 

アスリープ.jpg

 

続きを読む

水泳辞典ーpart8-

 

皆様、お久しぶりです( ´ ▽ ` )ノ

水泳辞典の日がやってまいりました!!

引き続き大善がお送りさせていただきます!

 

part7までのことは覚えておられるでしょうか??

水泳辞典を始めてかなりの月日が流れておりますので最初の方は記憶がうっすらとしているかもしれませんね(^^;

第一回目はプールを選ぶところから始まりましたので、それを考えるとかなり進んできております!笑

 

さて、前々回には水を押すこと、前回では水を押す時の力の入れ具合についてまでお話をさせていただきました。

本日はそこから「押した手をどうするか」ということをメインに進めていきましょう♪

 

 

続きを読む

【便秘について】

便秘について】

 

 季節の変わり目は便秘が悪化すると言う人もおられるのではないでしょうか。

 

今日は、便秘と便秘に良い生活習慣について、お話してみたいと思います。

続きを読む

サルコペニアとロコモティブシンドローム

皆さんこんにちは。

最近、少しだけですが気温が下がり、少しだけですが過ごしやすく感じるのは気のせいでしょうか?
ですが、まだ暑いさは残るので水分補給や温度調整には気を付けてくださいね。


続きを読む

油断禁物!この夏も熱中症にご用心!

いよいよ夏も本番です!

夏に気を付けたいのが「熱中症」です。

熱中症の発生は7?8月がピークです。正しく理解して予防に努めましょう。

 

熱中症とは、気温が高い環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の体温調節機能がうまく働かないことにより発症する障害の総称です。

気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが組み合わさることにより、熱中症の発生が高まります。乳幼児と高齢者の方は特に注意が必要です(熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です)

 

 

 

続きを読む