トップメディカルフィットネスって?予防医学に基づく運動術SHIN-SHIN健康大辞典 > 美・心・食 - 芯から美しく-

SHIN-SHIN健康大辞典

予防医学に関する用語を解説します!

美・心・食 - 芯から美しく-

身につけたいこころとからだのセルフケア -簡単にできる呼吸法-

私たちの呼吸は自然に、不安や緊張の時には浅く速くなり、リラックスしている時は深くゆっくりと変化します。日常生活の色々なストレスを受けて、普段の呼吸は浅く速くなりがちです。

 

浅い呼吸は、「胸式呼吸」とも言われるもので、新鮮な空気が取り込みにくく、肺で行われるガス交換が十分ではありません。一方で、深くゆっくりとした呼吸は、「腹式呼吸」とも言われ、一回の呼吸で出し入れする空気の量は、胸式呼吸の3倍以上だと言われています。従って、少ない呼吸数で多くの酸素を体内に取り込むことがでるため、肺や心臓の負担が減り、血圧も高くならないメリットがあるのです。

 

さらに、腹式呼吸は横隔膜を上下に動かすため、胃腸や肝臓などの内臓がマッサージされ、生体機能の低下を防ぎ、血液の循環を高めることができます。そして心に対しては、不安の軽減、怒りや時間の切迫感の軽減、焦燥感の改善などの効果があると言われています。

 

 

そこで、意識的に腹式呼吸を取り入れ、こころとからだのセルフケアを身に付けましょう。

 

実践腹式呼吸の方法

 

 腹式呼吸は、下腹がへこんだり、膨らんだりするように呼吸することを意識します。

 無理はせず、ご自身のペースで呼吸に意識を向けてみましょう。

 

 

 1.吐くときは口から細く長く息を吐き出します。

   (口をおちょぼ口にし、5秒-10秒程度、下腹を凹ます感じで息を吐き出します)

 2.吸うときは鼻から息を吸い込みます。

   (3秒くらいかけて下腹を膨らます感じで鼻から息を吸います)

 3.2秒くらい息を止めます。

 4.1-3を3分ほど繰り返しましょう。

   ※吸う息よりも吐く息を意識しましょう。

 

 

一日に、3分間を目標に3-4回行ってみましょう。慣れてきたら、次のようなイメージをして呼吸をしてみましょう。

 

  吐く時・・・体内の毒素やイライラした感情、嫌なことが全て外に出ていくイメージ

  吸う時・・・新鮮な酸素(または優しく温かいエネルギー)が体内に取り込まれるイメージ

  

 

続きを読む

はちみつの効能

最近、SHIN・SHINフロントで販売中の「はちみつ」はご存知でしょうか。

 

とてもかわいらしい容器に入っていて、人気の商品ですよ。

 

ナッツ.jpg

続きを読む

冬になると体調が悪い・・・そんなあなたへ

日中の日差しが温かく感じられるようになってきましたが、まだまだ寒い日が続いています。今回は、そんな寒い時期にみられやすいメンタルヘルスの不調を取り上げたいと思います。

続きを読む

秋の夜長 お肌も寝ながらケアしませんか!

秋ですね。

涼しく過ごしやすい季節です。

ですが肌トラブルの多い季節でもあるのはご存知でしょうか?

 

夏の紫外線によるダメージが残っている中、

空気が乾燥し、さらに発汗量も低下するので、

肌は慢性的に乾燥状態です。

この状態が続くと、当然肌のバリア機能も低下してきます。

このため、小じわが増えたり吹き出物ができたりと肌トラブルが発生します。

 

そんな時、ぜひお勧めしたい商品がこちらです。

 

アスリープ.jpg

 

続きを読む

ストレスを軽減するためのリラクゼーション法2

暑い日が続きますが体調など崩しておられませんか?

暑くて仕事がはかどらない、やる気が出ない。

夜寝ようとしても、なかなか寝付けない。

イライラした気分が続いたり、動悸がする、身体がだるい。

そんな身体の不調でお悩みの方もおられるのではないでしょうか。

 

このような症状が起こる原因はさまざまですが、その一つに自律神経のバランスが

崩れていることがあげられます。

自律神経には、私たちの体が活動している時に働く交感神経と、体を休める時に働く副交感神経が

あり、お互いにバランスを取りながら、私たちの体を健康に保ってくれているのです。

この夏の暑さやストレスでそのバランスが崩れ、様々な症状が出ているかもしれません。

 

実は、ちょっとした工夫で自律神経を自分でコントロールする方法があるのです。

 

 

続きを読む