トップメディカルフィットネスって?予防医学に基づく運動術SHIN-SHIN健康大辞典 > つらい冷え性とサヨナラしよう!?温活のススメ?

SHIN-SHIN健康大辞典

予防医学に関する用語を解説します!

つらい冷え性とサヨナラしよう!?温活のススメ?

2018年03月09日

 

お風呂に入っても手足がすぐに冷えてしまう

布団に入っても手足が冷えて眠れない

暑い夏でも足が冷えている...

皆さんはこんな症状ありませんか?

 

心当たりのある方は冷え性さんかもしれませんね。

 

冷え性とは一般的に、「手足や腰、下半身などがいつも冷たい症状、またはその体質」のことをいいます。

体が冷えると血行が悪くなり、代謝や免疫力が弱まってしまいます。

また不要な老廃物がたまり、動脈硬化が進んでさらに血行不良が続くと、生活習慣病などの様々な病気も引き寄せてしまうといわれています。

 

 

 

 

冷え性の主な原因としては

?血行不良 冷たい空気や寒い環境、下着や洋服のしめつけ、バランスの悪い食生活、喫煙などが血行を悪くします。

?筋肉が少ないこと 筋肉には、体の熱を作り出すという大切な役割がありますが、運動不足などで筋肉量が不足してしまうと、熱を作り出せず、冷えやすい体になってしまいます。

?自律神経のバランスの乱れ 様々な原因がありますが、不規則な生活やストレスによっておこることが考えられます。

 

冷えている実感のある人はもちろんですが、自覚のない人でも、疲れやすいとか、肩こり、腰痛、膝の痛み、やる気が出ないなどの不調は、実は冷えが招いているかもしれません。

日頃から体を温める「温活」に取り組んでみましょう。

 

温活のコツとしては

 

?体を冷やさないために、「首」の字がつく部分、首、手首、足首を冷やさない様にしましょう。これらの部位は太い血管が比較的皮膚に近い部分を通るので、ココを温めることで全身を流れる血液を効率よく温めることができます。

 

?シャワーで済まさず、お風呂に入って全身を芯まで温めましょう。温活に適しているのは38?40度のお湯です。ぬるめに感じるかもしれませんが、これが神経を緩め、芯まで温まるまで長湯をしても負担にならない温度です。最低でも10分以上ゆっくりお湯につかりましょう。

 

?体を温める食材をうまく摂りましょう。基本は旬の食材が体に優しいということですね。かぶやかぼちゃなど寒い時期にとれる野菜や、人参やごぼうなどの土の下に育つ野菜、りんごやさくらんぼなど寒い地方でとれる果物がいいですね。ほかにはオレンジや黄色などの暖色系の食材、色の濃い食べ物、発酵食品、血行を良くするスパイス類などが体を温めます。

 

?そして冷えてから温めるよりも、冷えない体をつくるために、筋肉をつけることも大切です。筋肉が増えると基礎代謝が上がり、多くの暖かい血液が筋肉の中を流れるため、天然のカイロを貼っていると言ってもいいくらい、体を冷えから守ってくれます。オススメの運動と言えば、やっぱりウォーキングです。私達の体の筋肉の7割が下半身に集中しているので、歩くことは下半身の筋肉をまんべんなく動かせて、簡単に始められる割に効果が高いところが魅力的です。ただ歩くのではなく、腕は大きく振り、無理のない範囲で歩幅をいつもより少し広めにして歩いてみましょう。

 

 

万病のもとともいわれる冷えについてご紹介しましたが、温活の最終目標は冷えに強い体になることです。冷えない体づくりを目指して、温活習慣をひとつでも取り入れてみましょう。