トップメディカルフィットネスって?予防医学に基づく運動術SHIN-SHIN健康大辞典 > 風邪対策

SHIN-SHIN健康大辞典

予防医学に関する用語を解説します!

風邪対策

2018年01月12日

 

風邪、インフルエンザの流行期です。

 

栄養、睡眠と共に意識して摂っていただきたいのが 乾燥対策である、喉への水分補給です。

 

こまめにちょこちょこと水を飲む事で、万が一、体にウイルスなどの異物が侵入してきても、体の外へ出そうと線毛細胞が活躍してくれるからです。

 

線毛細胞は、鼻や喉、気管のずっと先、肺の先まで張り巡らされています。

 

線毛は、1秒間に15回というスピードでくねくねと動き、ウイルスなどの異物を見つけると、まずは粘液でその異物を捕まえ、粘液ごと痰として口から体の外へ出します。

 

また、体の中の食道に運び込んで胃の中に送り、胃液で消滅させます。

 

ところが、線毛の動きが鈍くなると、ウイルスなどの異物が線毛の下にある細胞内へ侵入し一気にウイルスなどが増えて病気を起こしやすくします。

 

風邪やインフルエンザにかかりにくくするポイントは、この線毛が元気であること。

 

元気にする方法は水をこまめに飲む、出来れば1520分おきに摂っていただく事をお勧めします。

 

また、喉には大切な役割を持つ器官が集まっています。

 

    ・肺に空気を送る気管

    ・体を元気にするホルモンが分泌される甲状腺

    ・呼吸の手助けもしている首の筋肉、胸鎖乳突筋

    ・副交感神経の1つである迷走神経が通っているので、ストレスにも深い関係

     があります。

 

 体を温めたいとき、緊張、イライラしている、ストレスが続いているときなどは、ゆっくり上を向き首を伸ばして深呼吸をするなど、ストレッチしながら喉をほぐしてあげてください。